湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

2015年4月ローテートした安原です。

安原 大生Dr
安原 大生Dr

2015年4月~5月に血液内科で研修させて頂きました安原大生と申します。
医師としての初めの初めを過ごさせていただいた血液内科は、血液疾患を学ぶ場という以上に内科学を学ぶ場であり、基本的業務を覚える場であり、そして患者さんとの接し方を学ぶ場でありました。
血液学といえば骨髄穿刺像を顕微鏡で覗き異常な芽球を見つけるというイメージが強いものでしたが、実際は患者さん自身を見て、診るということに非常に重点を置いている診療だと感じることが出来ました。血液内科において中心となる化学療法では患者さんを必然的に感染に弱い状態にするため、患者さんの全身に気を配り診察がされています。その姿を医師のスタートの時点で見ることが出来たのは、自分にとって大きな財産であると思います。
血液疾患とその治療法は初期研修の2ヵ月間で学ぶにはあまりに難しく奥深いものでしたが、学問としての興味深さ・診療の楽しさに触れることの出来る貴重な機会であったと思います。
先生方をはじめ病棟スタッフの皆様には大変良くしていただき、非常に快適な研修を過ごさせていただきました。深く御礼申し上げます。
                                        安原 大生