湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

第34回 湘南鎌倉血液患者の会 開催

8月8日、第34回血液患者の会を院内で開催しました。2000年から始めたので15年間続けてきた息の長い患者の会で、現在は年に2回開催しています。主に造血器腫瘍(白血病、リンパ腫、骨髄腫、骨髄異形成症候群)の方々にお声掛けをし、多くの患者さんがご家族とともに参加して下さるので120名程度が出席されます。この会を始めたきっかけは<患者の本当の気持ちは患者でないとわからない>といったところからです。患者さん2-3名ほどお話をしていただくのですが、人間というのは<自分だけではない。皆も同じだ。>と思うだけで安心出来ます。元気になった人の生の声は、やはり病闘中の人にとってはとても励みになるようです。
第2部では今年韓国で流行り、ようやく終息宣言が出たMERSの話を院内の感染対策室室長であるの佐藤守彦先生にお願いし、私が骨髄腫の話をして盛り沢山でした。また、今回は体験談を話してくださった方達が音楽に関係していたこともあり、最後は<夏の思い出>という歌を歌って締めくくりました。かつてウクレレを弾いてくださる方とともに歌を歌っで会を終えたことがありましたが、今回もとても良かった!大成功でした。また話してくださった方々、準備してくださった秘書の村松さん、どうもありがとうございました。また1回1回と、続けられる限り会を重ねていこうと思います。