湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

来年度の後期研修プログラム参加 メンバーを集める!

8月2日、東京にて湘南鎌倉後期研修プログラムの紹介をしたのを皮切りに、2年目の先生達に来年内科に入ってもらうよう勧誘する活動が開始された。いつも内科は出だしが遅かったので、今年は精力的に今月から行われる予定。血液内科単独で勧誘しても、まだ2年目で<血液内科やる!>と決断できる人は多くない。
また血液内科は腫瘍を多く扱うこと、長期にわたるフォローが必要なことから総合的な内科の力をより求められる領域である。
そのため少なくとも2-3年は全体的な内科をまわったほうがよいと考えている。よって私としてはまず内科に入ってもらい、ローションで血液内科に回ってきてくれた人の中から関心をもってくれる人を集めたいと思っている。日本の水泳界やフィギュアスケートが強いのも層が厚いからであって、レベルアップするためにも毎年数人でもいいから着実に入ってもらうことが大切である。
昔に比べると、総合内科に対する関心が若い人で増えているように思われる(まぁそのような思考をもった人が当院に集まっているともいえる)。学会としても専門を選ぶ前にまず総合内科的な研修をするように仕向けており、世の中の流れからして当院に有利であるといえる。こういう時期に着実なシステム化を行うことが必要であり、当院には先見の目があってプログラムはかなり出来上がっている。ただ、油断しているとすぐ人は来なくなる。毎年毎年勧誘のためにエネルギーを割く人が必要なのである。