湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

日本医師会主催 かかりつけ医育成のための勉強会

平成28年4月より日本医師会では「日医かかりつけ医機能研修制度」を実施する。国としてのかかりつけ医の普及推進の方針に従い実施される。
「かかりつけ医機能」として
(1)患者中心の医療の実践
(2)継続性を重視した医療の実践
(3)チーム医療、多職種連携の実践
(4)社会的な保健・医療・介護・福祉活動の実践
(5)地域の特性に応じた医療の実践
(6)在宅医療の実践
の6つを挙げ、これらの機能に沿った形で研修内容が組まれており、「基本研修」「応用研修」「実地研修」の3段階に分類されている。この内容がなかなか奥深く、でも重要な点を挙げていると思う。
「基本研修」は日医生涯教育認定証の取得
「応用研修」は
1.かかりつけ医の倫理、質・医療安全、感染対策
2.健康増進・予防医学、生活習慣病、認知症
3.フレイル予防、高齢者総合機能評価(CGA)・老年症候群
4.かかりつけ医の栄養管理、リハビリテーション、摂食嚥下障害
5.かかりつけ医の在宅医療・緩和医療
6.症例検討
が挙げられている(我々病院医も勉強したい内容である)。
医師会では4月より本シラバスに基づくテキストを用いた座学の研修会を開催する。
                                   <次へ>

さらに「実地研修」は「社会的な保健・医療・介護・福祉活動、宅医療、地域連携活動等」を地域で実践することとされ、具体的な活動内容として
1.学校医・園医、警察業務への協力医 
2.健康スポーツ医活動
3.感染症定点観測への協力 
4.健康相談、保健指導、行政(保健所)と契約して行っている検診・定期予防接種の実施
5.早朝・休日・夜間・救急診療の実施・協力
6.産業医・地域産業保健センター活動の実施
7.訪問診療の実施
8.家族等のレスパイトケアの実施
9.主治医意見書の記載
10.介護認定審査会への参加
11.退院カンファレンスへの参加
12.地域ケア会議(会議の名称は地域により異なる)等への参加
13.医師会、専門医会、自治会、保健所関連の各種委員
14.看護学校等での講義・講演
15.市民を対象とした講座等での講演
16.地域行事(健康展、祭りなど)への医師としての出務
が挙げられており、盛りだくさんである。かつて開業医が担っていた仕事の見直しでもあると思う。医師会主催のため医師会に入っていない当院やその関連の医師は参加出来ないかもしれないが、特に実践編は若いうちから研修に組み込むべき内容であると思う。広く公開された研修会であることを望む。