湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

一隅を照らす

病院の夜桜ですが、なかなかうまく撮れませんな~。玉縄桜もそろそろ終わりを迎えております。
さて「一隅(いちぐう)を照らす」という言葉は、私の好きな京都東山にある天台宗 青蓮院門跡にある屏風に書かれてある言葉でした。小さな部屋の隅でも光り輝く人間でありなさい・・・なんて意味にとっていましたが、改めてその意味に触れる文章に出会い、大切にしたい言葉として皆さんに紹介したいと思います。
比叡山を開かれた伝教大師・最澄(767-822)の著書『山家学生式』よりの出典です。 『山家学生式』は、伝教大師が日本天台宗を開かれるに当たり、人々を幸せへと導くために「一隅を照らす国宝的人材」を養成したいと、熱意をこめて著述されたものです。
「径寸(けいすん)十枚これ国宝に非ず、一隅を照らすこれ則ち国宝なり」。
「径寸」とは金銀財宝のことで、「一隅」とは今いるその場所のことです。 お金や財宝は国の宝ではなく、家庭や職場など自分自身が置かれたその場所で精一杯努力し、明るく光り輝くことの出来る人こそ何物にも変えがたい貴い国の宝である。一人一人がそれぞれの持ち場で全力を尽くすことによって、社会全体が明るく照らされていく。自分のためばかりではなく人の幸せ、人類みんなの幸せ求めていく。「人の心の痛みがわかる人」「人の喜びが素直に喜べる人」「人に対して優しさや思いやりがもてる心豊かな人」こそ国の宝である、そうおっしゃっています。そしてそういう心豊かな人が集まれば明るい社会が実現するというのです。 
「一隅を照らす運動」は伝教大師の精神を現代に生かし、一人一人が自らの心を高めて豊かな人間になり明るい社会を築いていこうということを目的に、1969年より始まったそうです。一億総活躍社会なんていう言葉よりも、この言葉のほうが良い社会を作るうえで現実味があると思います。
先日もブログに書きましたが、どんなに老いたかたでも・どんな病気されて弱ったかたでも、その姿・頑張ったり辛くてもそれを表に出さないその姿が、人に勇気を与えたり安心を与えたりすることが出来るのです。これが一隅を照らすということではないでしょうか。