湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

HTLV-1のキャリアのかたへ

厚生労働省の科学研究費補助金で行われているがん対策推進総合研究事業として、HTLV-1キャリア(ウイルスを持っているが発症していない人)を対象としたweb登録サイト<キャリねっと>の運用が始まったと手紙がきました。
HTLV-1は九州地方や中南米に多いウイルスで、これに罹患した人の一部は年数を経て悪性リンパ腫や白血病を発症します。これを成人T細胞性リンパ腫、成人T細胞性白血病(ATL)と言います。ウイルスは母乳または精液を介して感染します。かつては九州に限局した病気とも思われていましたが(今も九州地方ではATLの発症がその他の地域より明らかに多いですが)、人の移動も多いために都心や関西の大都市でも患者数が多くなっています。HTLV-1キャリアが全国でどの位いるのかは、発症していなければ何も症状がないために把握しきれていないのが現状であり、100万人以上いるとされています。
国は登録サイトを開設してキャリアに自主的に登録してもらい、実情把握に努めたり情報ソースになることを期待しているようです。ATLのキャリアをどのくらいの頻度でフォローしなさいというものはなく、通常は発症も60歳以降に多いため、定期的なフォローが早期発見につながるというデータもありません。
私は年に1回検診がてら来ていただいていて、病院とのつながりをもってもらようにしています。関心があったらサイトを除いてみてください。