湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

骨髄バンクチャリティーコンサート in 円覚寺

毎年この時期、骨髄バンクチャリティーコンサートが円覚寺で行われており、今年も参加してきた。今年で24回目を迎える。
当院の血液患者の会での講演をお願いした斉藤住職が後援していることを知ったのは、もう13年ほど前になる。それからのご縁で毎年ご招待いただき、また患者さんの一部にも紹介させていただいている。方丈の間に250名位であろうか多くの方が座り、ピアノ、バイオリン、チェロの三重奏を聴く。ピアニストの方はゲストで毎年変わるが、ヴァイオリンの三戸素子氏、チェロの小澤洋介氏は初回からずっと続けており、24年もすごいことである。なかなか継続できるものではない。
今年も前から2列目に座った。演目は耳慣れた音楽が多く、親しみやすかった。ピアニストの高田匡隆氏の演奏は力強く鍵盤が跳ねるような演奏で、素人の私にもその素晴らしさが伝わってきた。海外を13年も渡り歩いてきた若い演奏家で、ソロの演奏を聞いてみたいと思う。
演奏の最中にカエルの鳴き声がケロケロと外から聞こえてきた。音楽が止まるとピタリを鳴き声も止まり、不思議だった。カエルが鳴くには早い時期だが、カエルと桜と演奏と。この3重奏もなかなか出会えない面白いいものであった。