湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

公開講座 in 本郷台

モネのような光景ではありませんか。私の好きな河口湖湖畔でとった風景です。

さて2か月に1回病院の公開医学講座の役回りがあり、マーケテイング戦略、患者サービスの一環として外に出て講演をしています。血液疾患は循環器や呼吸器、消化器と比べても患者は少ないから、それほどたくさんの方が聞きにくるわけではないのですが、悪性リンパ腫は頻度が多いこともあり、他の病院で治療を受けている方や知り合いが治療を受けていて・・・と質問にこられるかたもいる。皆さん私の話はどちらかというと復習みたいな感じだ。
質問の中で「どんなことに注意して生活したらよいか?」と聞かれた。でも再発を完全に防ぐものなんか存在しない。私が10年以上診させていただいている患者さんがいるのでそれらの人をみていると、「この人はほぼ大丈夫」と思ってても5年目に再発した人もいるし、他のがんがひょっこり見つかる患者さんもいる。また抗がん剤治療が関連する骨髄異形成症候群になってきた人もいる。何かのサプリメントがとても良かったと思った人はいないし、特別な食事をしていた人もいたがかえって逆効果にみえた。ただ私の患者さんでは他の病気に対しても責任があるから少なくとも5年、またそれ以降も3~6か月に1回は来院してもらい診せてもらっている。かかり続けていてもらっていたことで症状が出るより早く対処できたかな~と思う人もいる。いったいいつまでフォローすべきかは難しいことであるが、よくなっても半年に1回くらいは顔をみせておいてもらったほうがこちらも忘れないし、途中経過がわかるということもある。またご家族のほうが先に具合が悪くなることも多く、人生わからないものだな~なんてよく思わされている。