湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

シンクロナイズドスイミング 井村監督の言葉

リオオリンピックが終わった。日本人の活躍は本当に目覚ましいものであった。帰国したメダル選手がいろんなインタビューにでていますが、それもつかの間でまた4年後の東京にむけて試練がはじまるのですね。さてシンクロナイズドスイミングは鬼監督といわれる井村監督のもと、期待どおりデユエットもチームも銅メダルを獲得した。井村さんは必ず選手を高みに押し上げて結果をだす。なぜなんだろうと思っていた。一流の監督、指導者はどんな姿勢で才能のある選手に臨むのだろう。そして自分ではなく他人に結果をださせるのだろう。とても関心がある。
その答えは帰国後のインタビューや練習風景などの中で語っていた井村氏の言葉の端々にあると思った。若い人たちを指導するのにヒントとなる言葉があったので紹介します。

私(井村氏)が心がけているのは、わかりやすい指導者であるということです。怒られる基準が曖昧だと、選手は何をしていいのかわからず不安だと思うのです。だから、私は選手に「私はこういうことが大嫌い。こういうことをしたら怒るから」と、怒るポイントを必ず伝えています。
指導をする上で「具体的なゴールがしっかり見えている」ことが何といっても大切です。その子をどうしてやりたいのか。どんな演技をさせて、どんな結果を出させてあげたいのか。そのために、どんな技術をいま身につけさせなければいけないか。そういうゴールがあやふやなままで、ただ「頑張れ」なんて言っている人は指導者失格です。
ほめていたらだめなんです。自分はもうここでいいんだと思ってしまうから。結局のところ、世界で戦えるレベルにまで登りつめるには、ほかの人より努力するしかないんです。

ほめて伸ばすことを推奨される世の中ですが、一流を目指すのにはほめてしまっては個人の限界をきめてしまうことにもなるということなんですね~。そして明快なゴールを具体的に示すことが大切なんですね。そしてやはり人より努力。これはいつでも変わりません。演技をする前の選手が、<これだけ練習したのだからあとは出すだけと言い聞かせられた>といっていたのを思い出しました。