湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

内科学会地方会 2つの演題を出しました。

日本内科学会地方会は、研修医が症例をまとめて発表する最初の場としてよく利用されている会です。今回は当科より2症例だしました。
1つは骨髄線維症で、最近脾腫を小さくして全身状態を改善させる目的で用いられる<ジャカビ>という薬剤が免疫低下の副作用があるのですが、それが非常に強く出て播種性の水痘に加えウイルス性の髄膜炎になった症例。もう一つは輸血により3回もアナフィラキシーを続けて起こした症例をそれぞれ考察を交えて佐々木先生、岡田先生に発表してもらいました。
他病院からの発表が症例が稀であり”報告”をしているのに対して、当科からのはちゃんと考察していた(自分でいうのも何であるが)という点では良い発表であったと、満足な気持ちで帰ってきました。