湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

自己実現とは~新年度にあたって~

 新入職・新入学にあたって、社会場面において「自己実現」という言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか。また、これまでも「自己実現」という言葉に様々な場面で出会ってきた方がいらっしゃると思います。

 今回は「自己実現」について簡単に説明していきます。

 「自己実現」とは、いくつかの心理学における理論で重要視されている理解であり、その解説には寄って立つ立場によって多少なりとの違いがあるかもしれません。ですが、一般的にはA.マズローの欲求5段階説における「自己実現」が社会場面で使われている「自己実現」を指していることが多いようです。この他にも、C.ロジャースなどの「自己と経験の一致」における「自己実現」という概念もありますが、今回はそれらの理解はおいておき、マズローの理解に基づく「自己実現」についてお話します。
 ただ、注意してほしいのは、これらのいくつかの「自己実現」という理解は、決して分断されたものでなく、我々の連続性の中に存在するものであると考えられる点です。ですので、一般的であることが、その他を否定するものではないことに留意していただければと考えます。

 マズローの欲求の5段階説では、人間の欲求を5つの段階に分けています。それは、

 生理的欲求 → 安全への欲求 → 所属欲求 → 承認欲求 → 自己実現欲求

となります。

 欲求とは充足されて次に段階が生起していくと考えられますから、単純に「自己実現」といっても最初から充足されるわけではないことがわかります。

 したがって、入職・入学された方、その他新しい社会場面に飛び出た方々すべてにいえることは、まず、その社会に属していることを確認できる体験が必要になることです。例えが、組織の一員になれたという体験です。その後、先輩や同僚に認められる体験が重要になります。そのプロセスを経て、初めて自己実現へと向かう自己が発露してくると考えられます。

 ですので、新しい場面にでられた方々は「自己実現にすぐには結びつかないこと」を焦らずにいられることが大事かもしれません。迎える周囲のあり方としては「一員として大事にすること」「その存在と動きを認めていくこと」から、「自己実現」に向かうサポートを行っていくことが大事になるかもしれません。

 それらの相互の理解と交流が各々の「自己実現」へとつながっていくといえるでしょうか。